2019/05/25(土) 都筑春季 Aリーグ

精一杯やりましたか!? 目一杯やりましたか!? 限界ですか!?
実力の差だと、自ら認めますか???
僕は気持ちの実力差なんだと思うけどね。


都筑春季 Aリーグ 決勝トーナメント 三位決定戦
2019年5月25日(土) @東山田公園
A1チーム
vs 南山田ライオンズ


チーム1234567
山田バッファローズ0112
南山田ライオンズ49X13



本日の試合は、都筑区大会の3位決定戦でした。

今日の試合は、勝たなくてもいい試合だったんでしょうか。
勝負は、勝ち負けがつくものですが、戦う姿勢が全く見られませんでしたね。
先制され雰囲気の悪い中で、それぞれが何とかアウトを取ろうとか、ピッチャーを励ましてあげようとか、俺がファインプレーで流れを変えてやろうとか、それぞれが何とかしてピンチを乗り超えようと考えベストを尽くしたのでしょうか。

今まで大量点が取れていたからといって今後も取れるとは限りません。
今後は、強いチームと対戦すれば点は取れないです。
では何をするべきか。それは、相手に与える点を一点でも減らすこと。
ではどうすれば無駄な点を与えないで済むかを、個人個人がよく考えて野球に取り組まなくてはなりません。

野球の神様は、ベストを尽くさないチームに勝利を与えてくれません。
今まで勝っていたからといって今後も勝てる保証は何もないのです。
個人個人野球に取り組む姿勢を考えたほうがいいと思います。


画像


画像


画像



この記事へのコメント

雷コーチ
2019年05月26日 08:26
相手の打線が好調で大量失点で負けた…
しょうがなかった…では無いですよね。
皆んな心の奥では気付いていると思いますが、アウトに取れる時にアウトが取れなかった。多くの失点はそのような事が始まりになってしまってますね。打球に向かって行く…捕球するまで目を離さない…
攻撃時の我々の走塁は一歩でも先に進む姿勢が弱くなっていませんでしたか?
あの時これが出来ていれば…反省会で振り返った事を繰り返さないために考えた事を具体的に今日から実行しましょう。
準備のできていない子、全力で戦い続けられない子は試合に出る資格はありません!
QUACKERS
2019年05月27日 20:36
バットでも守備でもチームに貢献できませんでしたが、最後の走塁は積極的に次の塁をねらえたので、いつもこのような走塁ができるようにします。
次戦うときは、逆に打ち勝てるようにしたいです。